サンワ規格サイン総合カタログ2019 改訂版
120/265

FFシート張りは、通常開閉枠を地上に置いた状態で行いますが、地上でのFFシート張りに十分なスペースがない場合は、壁面に設置された本体枠に開閉枠を取り付けた状態で行います。額縁取り付けの際、額縁と開閉枠の間にはさみ込まない程度の位置で、FFシートの端の余り部分を、はさみ等でカットしてください。FFシートFFシートをカットします❸短辺(縦用)側をセンターから両サイドヘ向ってテンションバ一を仮り締めしていきます❹❺長辺(横用)側をセンターから両サイドヘ向ってテンションバ一を仮り締めしていきますFFシートテンションバー挿入部分テンションバー挿入部分FFシートFFシート基準線は開閉枠の左図指示位置に合わせます。基準線❶❶❷❷開閉枠開閉枠開閉枠ガムテープガムテープガムテープ※注基準線※注基準線※注FFシート❸❸❹❹❺❺❺❺開閉枠テンションビステンションビステンションバーテンションバーFFシートFFシートしっかり本締めして、FFシートを固定します❼❽●❽❾❼❻❻開閉枠開閉枠テンションビステンションバーテンションバーFFシート拡大777575757575FFシート寸法(W)FFシート寸法(H)フレーム外寸(H)フレーム外寸(W)基準線基準線22222フレーム外寸フレーム外寸基準線基準線仮り締めはテンションバーの挿入の半分程の位置で、止めてくださいFFシートの基準線を、開閉枠(アルミ型材)の指定位置に合わせ、ガムテープで周囲を固定します。この時、ガムテープがテンションバーの挿入部分にかからないようにしてください。※実際の展張作業の際は、取扱説明書をご熟読の上、手順に従い施工を行ってください。※ノックダウン・完成品ともFFシート面は展張せずお届けします。※実際の展張作業の際は、取扱説明書をご熟読の上、手順に従い施工を行ってください。※ノックダウン・完成品ともFFシート面は展張せずお届けします。FFシート展張作業手順1.仮り止め❶長辺(横用)側を仮り止めしていきます❷短辺(縦用)側を仮り止めしていきます※ 注※ 注※注 基準線は加工されておりませんので、下記の基準線の求め方を参照してください。※注 基準線は加工されておりませんので、下記の基準線の求め方を参照してください。2.仮り締めテンションバーは、短辺(縦用)側センターより両サイドヘ向って、テンションビス(4X25 ドリルネジ)により仮り締め作業を行いますが、長辺(横用)側も同様にセンターより両サイドヘ向って行ってください。3.本締め4.カットテンションバーの、短辺(縦用)側及び長辺(横用)側のセンターより両サイドヘ向って、しっかりとテンションビスを本締めし、テンションバーでFFシートを固定してください。❻長辺(横用)側をセンターから両サイドヘ向って本締めしていきます❼短辺(縦用)側をセンターから両サイドヘ向って本締めしていきます基準線の求め方フレーム外寸より一4mm(内側に2mmずつ)の位置に基準線をいれてください。FF シート寸法はフレーム外寸より +150mm(75mm+75mm)サイズです価格表 P.15〜16、20118当社では2020年3月末をもって蛍光灯を使用した看板の生産を終了いたします。ファサードサイン突出し・ビル用サインスタンドサイン化粧シート各種部品ポスターパネル自立・吊下サイン掲示板LED照明グランサインパーキングサイン

元のページ  ../index.html#120

このブックを見る