サイン・電材・プラスチック成形品の三和サインワークス

タキロングループ

[東京] 03-5783-3001 [大阪] 06-6453-3002

三和サインワークス ルクフルZ

ルクフルZ

ルクフルZは最高水準の看板用LED 抜群の明るさ 低消費電力 高い耐久性 ルクフルZ製品ページ

ルクフルZの特長

ルクフルZの特長

2006年の初代ルクフルから継承している、ユーザー様の使い勝手を最優先にしたバー形状を今回も採用!
バー種類も3球搭載のバー3から6球搭載のバー6まで用意しました!
バーの組み合わせにより、矩形サインのLED配置にフレキシブルに対応できます!

ルクフルZの基本的な配置法

モジュールタイプLEDは、配置の自由度が高く、文字型サインなどにも対応できますが、その反面、大面積のサインなど、モジュール1球1球を筐体に取り付ける作業は、大変なものです。
また直進光が特徴のLEDでは、光源の面板との間にモジュール間の配線コードなどが持ち上がり、干渉したりしますと、面板にクッキリとそのカゲを投影してしまい、画面品位を損なう原因にもなります。
この1球1球のモジュール間のコード束ねたり収めたりする作業も、非常に手間がかかるものとなっています。

サインメーカーである三和サインワークスは、よく使われるサインの形態『矩形サイン』と屋外サインでは薄型なD=100~120mmに的を絞り、ユーザー様のアッセン(組み立て)勝手の向上を目指し、光源をLEDバー形状としました。
バー内では上条件のサインに最適化したLEDピッチ(200mm)で予めLEDを配置していますのでユーザー様は、そのバーを配置するだけです。

またバー同士は接続が簡単に行えるように、両端コードにはコネクタを装備。
極性(+・-)の逆接など、うっかりしたことであっても、LEDでは致命的な心配要素も排しております。

ルクフルZの基本的な配置法

日進月歩で進化するLED、LED素子が進化していくのと同様、ルクフルの進化も立ち止まる訳にはいきません。
三和サインワークスでは、ルクフルのLED素子には常にその時代の最先端のD素子を採用し、さらなる高効率・低省電力化に つとめてまいります。

ルクフルZ製品ページ

このページの先頭へ