サイン・電材・プラスチック成形品の三和サインワークス

タキロングループ

[東京] 03-5783-3001 [大阪] 06-6453-3002

三和サインワークス 会社案内

経営理念

社長挨拶

代表取締役社長 長田 伸之
代表取締役社長
長田 伸之

弊社は、1955年の創業以来、プラスチックの真空成形技術をコア・コンピタンスとし、総合的なサイン・プラスチック加工・LED製品メーカーとして、企画・デザイン・設計・製作・設置工事・メンテナンスまで一貫してお届けできる体制を構築しております。

黎明期の1964年に、弊社は画期的な『規格サイン』を開発しました。次いで、シルクスクリーン印刷技術と成形技術を融合させ、板面が美しい『統一サイン(全国展開している企業様向けの統一意匠サイン)』を低コストで製作することに成功しました。さらに、日本全国での設置工事ネットワークを完成させ、サインと言えば『三和さん』との評価を頂くまでになりました。

社会の省エネルギー化へ貢献するため、2008年には親会社のタキロン(現タキロンシーアイ)株式会社からLED事業を譲り受けました。弊社はLEDを開発・製造・評価できる国内でも稀有なサインメーカーとして、『空・満』が切り替わるLED電光表示のパーキング向けサインを開発しました。この製品シリーズは全国のパーキングで採用され、日夜活躍しております。

さらに、外照式サインの分野においても、LEDの文字情報表示用途から照明への応用展開として、サイン用高輝度LED『ルクフルZ』並びにLEDを光源としたボード用照明『ポラックスシリーズ』を開発し、環境保全に貢献しております。

2020年オリンピック・パラリンピックに向け、世界中の人びとが認識しやすいサインやデザイン性の高いチャンネル文字製品『グランサイン』の提案を通じ、社会環境の安全性や快適性の向上を追求して参ります。

今後もプラスチック加工技術とLED技術と言う2つのコア・テクノロジーを軸に、マーケットのニーズに高い品質で応え続ける所存です。

わたしたち三和サインワークスは、誠実に、お客様に満足頂ける確かな価値の提供を目指して参ります。

代表取締役社長 長田 伸之

このページの先頭へ

経営理念

経営理念

・我々は総合的なサイン・プラスチック加工・LED製品メーカーとして、日本一を目指します。・英知をもって時代の変化を先取りします。・誠実をもって顧客の要求する最高の品質を提供します。・適正利潤の追求と公正な配分により、社会に貢献します。

このページの先頭へ